鍋料理

様々な具で楽しめる、よせ鍋の作り方について

よせ鍋とは、出汁を入れた鍋に、野菜や肉、魚介類など様々な材料を入れて煮込んだものを言います。
よせ鍋の作り方です。
材料は5人分で、豚バラ肉400g、鶏モモ肉2枚、焼き豆腐1〜2丁、白滝1パック、白菜1/4、長ネギ3本、シイタケなどキノコ類、ほうれん草など葉物野菜を好みの分量、大根1/2本、ポン酢醤油です。
よせ鍋の出汁の材料は、水2リットル、昆布20cm、鰹節1カップ、醤油、酒、みりんそれぞれ大さじ4、塩小さじ1です。
出汁の取り方です。鍋に水と昆布を入れ、1時間置きます。酒とみりんは小鍋で煮切って置きます。鍋を火にかけ、沸騰直前に昆布が踊らないように火勢を弱めて5分煮ます。昆布を取り出した後、鰹節を入れ、沸騰した後、極弱火にして5分煮て、ザルで漉します。汁を鍋に戻し、醤油、酒、みりん、塩を加え、ひと煮立ちさせてボウルに移し、冷ましておきます。
1、白滝は別ゆでし、適当な長さに切り分けます。肉と野菜類、豆腐を一口大に切ります。白菜など葉物野菜はざく切り、長ネギは斜め切りにします。
2、鍋に出汁を張り、沸騰寸前で肉を入れ、アクをすくい、蓋をして弱火で5分煮ます。
3、豆腐と白滝、緑の葉物以外の野菜を加え、煮込みます。
4、弱く沸騰させてアクをすくい、野菜に8分位火が通ったら、緑の葉物を入れ蓋をして蒸らします。
5、大根をおろし、軽く絞って小鉢に分け、鍋の具を取ってポン酢醤油をかけて頂きます。

よせ鍋が美味しくなるのがカニです。毛ガニとかもいいですが、食べやすく調理されている「カニポーション」がオススメ!買えるお店はカニポーションお取り寄せ通販.netに載ってます。

スープまで残さない!家庭での美味しいキムチ鍋の作り方

冬の定番といえば、鍋料理ですが、家庭で簡単に作れて人気の鍋といえばやはりキムチ鍋が一番です。

もちろん、温めるだけのキムチ鍋用スープも販売されていますが、手作りすれば何倍も楽しく、美味しく、そして経済的です。

作り方は各家庭によってかなり異なりますが、一般的な作り方としては、だし汁に味噌を入れ、キムチの素を加えたスープで白菜や豚肉などをはじめとしたお好みの具材を煮込むだけです。
もちろん具材に制限はありません。
お好みでなんでもどうぞ。
キムチ鍋に合って、この時期オススメな珍しい食材は、ちょっと豪華に牡蠣やタチなどの魚介系。
ダシも出るのでかなり美味しくなります。
また、最初はそのまま、後半からとろけるチーズをプラスすると味がマイルドに変化してさらに楽しめます。

そして〆にはご飯か、うどんか、ラーメンを用意しておきましょう。
どれでもおいしいのであるもので構いません。
用意した具材の上にといた卵を加え、ふたをして30秒。
〆の具材がスープを吸って、最後の一滴まで残らずおいしくいただけます。

簡単でしかも美味しく温まれる豆乳鍋作り方

健康にも美容にも良くて人気の豆乳鍋ですが、簡単な作り方をご紹介します。
まず、豆乳500ccを焦がさないように沸騰させます。
この際に、表面が固まってきたら湯葉が出来ているので、生湯葉をまず味わえます。
生湯葉を味わうためには、成分無調整の濃い豆乳の方が適しています。

次に、だし汁500ccを入れます。
お好みの昆布、かつおなど自宅で作っただし汁でも良いですし、市販のだし汁でも良いです。
この時、酒も少量入れると風味も良くなります。

その次に、お肉類や根菜類をお好みを入れて煮立てます。
煮えて来たら、火の通りが良い野菜を入れながら、ポン酢やカボス、スダチなどのかんきつ類などお好みのたれをつけて召し上がります。

具材が減ってきたら、最後には、ごはんや卵を入れておじやとして召し上がるのも、くどくなくてさっぱりとしています。

この豆乳鍋は、手軽に出来る簡単な作り方です。
寒い季節に下地準備も少なく、しかもスピーディーに出来て体の芯から温まることが出来まるので、豆乳鍋はとても重宝なメニューです。

鶏肉と旬の食材を使ったちゃんこ鍋のおいしい作り方

ヘルシーで寒い季節に食べたくなるちゃんこ鍋は、食材の下ごしらえや作り方によって味が変わります。おいしいちゃんこ鍋を作るには、ベースとなるダシがすべてを握ると言っても過言ではありません。テレビなどでお相撲さんが鍋を作る風景をよく見かけますが、基本となるダシに使われるのは鶏肉やかつお・昆布だしが多いようです。実際、元力士の方が経営するちゃんこ鍋のお店に行っても分かるようにシンプルなダシのほうが味に濁りがなくおいしく仕上がることが理解できます。自宅でおいしいちゃんこ鍋を作るコツは、価格もリーズナブルな鶏肉を使用して新鮮な旬の野菜を入れると味のバランスがすごく良くなります。そして、鶏肉から出るアクを丁寧に取り除くことであっさりとした味に透明感が加わり、自宅で作ったとは思えないほどのとてもおいしい鍋に仕上がります。また、魚介類を使う時は旬の食材で鮮度の良いものを利用するとおいしいちゃんこ鍋を作ることが出来ます。

市販のカレールーを使った簡単なカレー鍋の作り方

寒い日には、カレー鍋なら体の芯から温まって心も体もぽかぽか温まって来るものです。

市販のカレールーを使った簡単な作り方を紹介します。

まず、 鍋に水1リットルほど、市販だし、みりん、しょうゆを大さじ1程度それぞれ入れます。
その中に、お好みの根菜類、具体的にはにんじん、じゃがいも、玉ねぎなど硬めの野菜を入れて、ある程度の硬さが取れるまで煮込んでおきます。

次に、カレールーは、商品によって大きさが変わって来ますが、4片ほど入れます。
これはお好みに寄って、調整して下さい。

そして、豚肉や鶏肉などのお好みのお肉を入れて煮立たせます。
最後に、油揚げ、ネギ、えのきやシメジなどのきのこ類、もやしなどすぐに煮えるものを入れて完成です。

カレー鍋は、煮込むほどにカレーのスパイスの美味しさが旨みを出して来ますので、しめはうどんを入れてカレーうどんにしても良いですし、ご飯を入れてリゾット風にしても美味しく最後までいただけます。

市販のカレールーを使えば、簡単にお手軽にカレー鍋が出来上がります。


日本にある鍋料理 まとめメニュー